毎年1回の血液検査

東洋医学と西洋医学の選別受診

人は生きている限り、誰でもケガをしたり病気になったりするものである。
親の保護下にある期間は親が病医院なり、その症状に適した施設で受診、
治療となるのだがやがて自分で受診先を選択するときに何を優先順位として考えるのだろうか。

 

風邪なら内科を受診したり、目に関することは眼科、鼻・耳は耳鼻科と迷わずとも判断がつく症状なら良いが、
捻挫や脱臼などの間接系に関する症状の場合は迷うところである。

 

一般にいう西洋医学の整形外科を受診するのか?
東洋医学といわれる整体や気功などを受診するか迷いどころである。

 

私の場合はその選択ミスで後悔したことがある。
20代の時にスキーで右肩を脱臼したことがあり、その時は転倒して脱臼し立ち上がる時に運よく右肩がはまったのである。

 

しかし痛みや腫れが引かずに近所の整形外科を受診したところ、レントゲンを撮り、右手をつった状態で約二か月・・・。
右腕を固定していたこともありすっかり固まった状態になり右肩は上げることができずリハビリが始まった。

 

その後何とか右腕は動かせるようになったが、ちょっとした動きで簡単に右肩が外れるようになった。
いわゆる脱臼が癖になったのである。

 

脱臼の場合、多くは靭帯が伸びてしまい、完全に元に戻らない場合もあり、人口靭帯を入れる手術を行う場合もある。
しかし、その手術を受けたからと言って完全に回復するともいえず、再度脱臼することもあるので手術を受けるかどうかは考えた方がいい。

 

周りの筋肉を鍛えて靭帯をカバーするのも一つの手だ。
私の場合は最初に受診した整形外科にいくら通ってっも回復の見込みが見られず、結局他の道を考えた。

 

そこで選んだのが整体と気功である。
整体の中でも「柔道整復師」の施術を受け、その後「気功」の治療を受けたのだ。

 

気功というと若干胡散臭さを感じるかもしれない、実際そういう所もあるかもしれない。
私が見てもらったところは大当たりで効果は抜群だった。バイアグラ通販

 

数回通った後、右肩が脱臼することはなくなった。
しかし最初の処置でちゃんとはまっていない状態で二カ月ほど固定していたことで、右腕の可動範囲は左腕に比べて制限されるようになった。

 

日常生活に支障はないがスポーツをするときなどは時折弊害がある。
くれぐれも受診時の選択は慎重に行いたいものだ。

健康を維持するには、普段から病気にならない体作りをしていくことが重要です。
そのために必要なことは、なるべく毒を体に入れない生活と毒を出すことを意識することです。

 

現代社会は大気汚染に加えて食品添加物などが蔓延しているので気を抜くとすぐに体に毒を入れてしまうことになります。
それらが蓄積して体が毒を出す作用を発するために、熱がでたりアレルギーになったりということが起きます。

 

毒を入れないようにすることでこれを防ぎます。
熱がでたりアレルギーがでたからといって薬で抑えると毒が体から出て行かないことになり、これが蓄積し、ガンの元となってしまいます。ヒルドイドクリーム

 

毒を入れない生活をするだけでは毒が出て行かないのでデトックスを心がけることも重要です。
デトックスの方法は、具体的には有機野菜を摂取するということや、味噌や醤油などの酵素を体に取り入れることです。

 

微生物の働きで体から毒を出してくれることに作用します。

 

これだけでも毒出しが足りないということであれば、温泉などを利用するのも手です。
温泉になかなか行かれない場合は、バスソルトなどをお風呂に入れて半身浴が手軽です。

 

少なくとも週に2回はぬるま湯に浸かり25分以上で汗を出してください。
この時、白湯を飲みながら入浴をし、水不足にならないようにしてください。
水が足りなくなるとドロドロ血で、血の巡りが悪くなったり、脳梗塞や心筋梗塞など恐いことになりますので、気をつけてください。

 

万が一病気になってしまったり調子が悪いと思ったら、玄米食にしたり抗酸化作用のあるサプリメントを取り入れることもいいのですが、
その場合は医療を利用しましょう。バイアグラジェネリック

 

いざというときのために、かかりつけ医を見つけておくことが必要です。
また、毎年1回の血液検査だけの健康診断を受けておくことであなたの体質などが分かるようにしておくことも必要です。

 

かかりつけ医がいる場合は大きな病院をそこから紹介してもらえますし、
かかりつけ医がいない場合は、ちょっとした不調の時に大きな病院を受診し、カードを作っておくとよいでしょう。

当然の事ながら、日々、体の不調などを感じる事なく快適に過ごせているとしたら、その毎日は半ば当たり前≠ネ毎日となるでしょう。
私もそうでした。

 

若い時から病気らしい病気などした事がなく、風邪なども一年で一度引くか引かないかくらいの健康体で、
しかもその風邪も病院に罹る事などなく自力で治してしまうような感じでした。
そんな私が40才を目前にして、体調不良に見舞われたのは去年の夏の事でした。

 

最初は軽い食欲不振から始まり、胃の痛み、倦怠感、頭痛などに悩まされるようになり、
気力を振り絞って趣味を楽しもうとすると、気分転換のために訪れたスポーツジムで貧血を起こす始末。レビトラジェネリック

 

さすがに一週間、食欲が湧かなかったので明らかにおかしいと思い、やっと重い腰を上げて病院に行ったのは、秋も暮れかかる11月の事でした。
その時には様々な症状が現れていたのですが、まず一番に不快だった胃の痛みを調べるため、20年ぶりに胃カメラをやりました。

 

そこで異常は見つからなかったので、内科、脳外科などを回り、最後に辿り着いたのが、婦人科でした。
先生との問診の中で、月の中でも特に具合が悪くなるのが生理前ではないかと指摘され、カレンダーと照らし合わせてみると、確かにそうだと気付きました。

 

色々な科で検査をしても異常が見当たらないのであれば、PMSかも知れませんと言われ、
最初はピルの処方を提案されたのですが、副作用が強く出る人もいると聞いて怖気づき、漢方薬の処方に切り替えてもらいました。

 

あれから数か月が経ち、一時期は一日中起き上がれないくらいひどかった体調が嘘のように良くなりました。

 

これまで、自分の健康を過信し、病院を避けて通ってきたような人生を送ってきましたが、専門医にきちんと話を聞いてもらい、
症状に合った薬を出してもらったり適切な処置の仕方を教わると言う事はとても大切な事なのだと改めて感じました。

 

特に家族のいる身としては、健康でいる事は自分のためだけではなく、子供や夫に対しても欠かす事の出来ない事なのだと思い、
検査を一つずつクリアしていくたび、家族に自信を持って「私は健康だよ」と伝えられる気がして、とても嬉しく思いました。

 

これからは、勝手な解釈で自分の体をおろそかにする事は止めようと思いました。

より良い生活を営むためには健康な身体でなければなりません。身体が頑健であれば多少の事は乗り越える事が出来ます。
大方の場合、若い間は健康に恵まれますが年齢を重ねると共に身体の調子が悪くなるものです。

 

その大きな理由の一つに生活習慣病があります。生活習慣病は食事の質が変化してきた事が大きく影響しています。
肉食が中心になり、乳製品も多く摂取する様になりました。その為にコレステロールの悪玉が多くなり血管に蓄積されて血液の流れを悪くしてしまいます。

 

又、血液がどろどろになり細くなった血管を流れにくくなり詰まってしまいます。それが脳梗塞を起こす大きな原因でもあります。
それを防ぐにはやはり検査を受けて早め早めに手を打たなければなりません。シアリスジェネリック

 

又、食塩の取り過ぎも良くありません。日本人は塩の効いた漬物を好みますがこれも生活習慣病の大きな原因です。
塩分は1日10gまでと言われています。生活習慣病になっている場合は1日6gです。

 

その観点から予防の医療が大事であると言えます。身体の異常が発生して、病院で診療を受けるのが普通ですが、
そうではなく未然に病気を防ぐ医療が必要なのです。
現在も50歳、60歳になれば市町村から検診の案内が送られてきます。会社に勤務している人であれば定期的に健康診断を受けなければなりません。

 

しかし、市町村の検診は当然自己負担があります。会社の検診も最低限の検診である事が多く、それ以上の検診を望めば自己負担になります。

 

生活が厳しい状態であれば又、健康に対する意識が低ければ自己負担までして検診を受けません。
その結果検診で判明する病気も見過ごされて予防の医療になりません。

 

生活習慣病は知らず知らずの間になってしまう事が多いのです。糖尿病もそうです。
従って、生活習慣病にならない為にはどの様な食生活を送れば良いのかと言う観点からも注意を喚起する事が必要です。

 

その為には若い年齢の間に病気を予防する事を学習しなければいけません。若い時の不摂生が一定の年齢を迎えると大きく影響してきます。

 

テレビなどでは名医を紹介する番組を放送しています。既になってしまっている病気の治療がメインになっています。
それも大事ですが病気にならない為にはどうしたら良いのかという予防の観点からのものが特に大事です。

私は46歳です。3年前までは健康そのもので仕事もフルタイムで朝から晩まで働いてきました。
経理の仕事でしたので責任もありましたし、ストレスを抱えていましたね。それでも健康診断にも一度もひっかからず元気いっぱいでした。

 

ただ気になっていたのは急激に太ったことです。それとタバコの量は多かったです。20歳のころからずっとタバコを吸っていました。

 

それだけは気になっていました。そして健康診断でちょっと指摘されたのは血圧の上昇です。
普段は120くらいでしたが年々増えて最終的には150を超えました。

 

これは変だと医師からも注意されました。でも自覚症状もなかったのでいつものようにたくさん食べてタバコも吸っていました。
ところがある冬の寒い日、夜中に急に激しい頭痛におそわれました。

 

くも膜下出血を起こしたのです。最初は我慢できる痛みでしたがどんどん痛みが増えて吐いてしまいました。
急いで夜間救急に行き検査をすると脳から出血していたのです。ずっとICUに入院し絶対安静の日々が始まりました。

 

生死の境をさまよい家族を呼ばれて緊迫した日々が続きました。
最新の医療のおかげでなんとか峠を越し長期入院はしましたが後遺症もなく無事退院することができました。

 

しかし仕事はやめるように言われ自宅療養をしています。その後、詳しい検査の結果脳の血管の難病のモヤモヤ病であることが判明しました。
もちろんあの日以来タバコはやめました。食事にも気を使い体重も減らしました。
身体にいいものを摂取し飲料にも気を使っています。

 

たぶん一生脳外科を受診しないといけないので血圧の管理も大変です。
健康だけには自信があったのにいきなりの難病患者になってしまいました。
病院なんて縁がない場所だと思っていましたが、最近は病院ばかり行っています。

 

でも子供もいますので長生きしたいので医師のいうことを聞いて頑張っていきたいです。難病なので完治はしません。
すこしでも長生きできるよう身体に負担をかけずストレスのない生活を心がけています。

おすすめサイトご紹介