毎年1回の血液検査

東洋医学と西洋医学の選別受診

人は生きている限り、誰でもケガをしたり病気になったりするものである。
親の保護下にある期間は親が病医院なり、その症状に適した施設で受診、治療となるのだがやがて自分で受診先を選択するときに何を優先順位として考えるのだろうか。クラミジア症状

 

風邪なら内科を受診したり、目に関することは眼科、鼻・耳は耳鼻科と迷わずとも判断がつく症状なら良いが、捻挫や脱臼などの間接系に関する症状の場合は迷うところである。

 

一般にいう西洋医学の整形外科を受診するのか?バイアグラ通販
東洋医学といわれる整体や気功などを受診するか迷いどころである。

 

私の場合はその選択ミスで後悔したことがある。
20代の時にスキーで右肩を脱臼したことがあり、その時は転倒して脱臼し立ち上がる時に運よく右肩がはまったのである。

 

しかし痛みや腫れが引かずに近所の整形外科を受診したところ、レントゲンを撮り、右手をつった状態で約二か月・・・。
右腕を固定していたこともありすっかり固まった状態になり右肩は上げることができずリハビリが始まった。バイアグラ通販

 

その後何とか右腕は動かせるようになったが、ちょっとした動きで簡単に右肩が外れるようになった。
いわゆる脱臼が癖になったのである。

 

脱臼の場合、多くは靭帯が伸びてしまい、完全に元に戻らない場合もあり、人口靭帯を入れる手術を行う場合もある。
しかし、その手術を受けたからと言って完全に回復するともいえず、再度脱臼することもあるので手術を受けるかどうかは考えた方がいい。

 

周りの筋肉を鍛えて靭帯をカバーするのも一つの手だ。
私の場合は最初に受診した整形外科にいくら通ってっも回復の見込みが見られず、結局他の道を考えた。

 

そこで選んだのが整体と気功である。
整体の中でも「柔道整復師」の施術を受け、その後「気功」の治療を受けたのだ。

 

気功というと若干胡散臭さを感じるかもしれない、実際そういう所もあるかもしれない。
私が見てもらったところは大当たりで効果は抜群だった。

 

数回通った後、右肩が脱臼することはなくなった。
しかし最初の処置でちゃんとはまっていない状態で二カ月ほど固定していたことで、右腕の可動範囲は左腕に比べて制限されるようになった。

 

日常生活に支障はないがスポーツをするときなどは時折弊害がある。
くれぐれも受診時の選択は慎重に行いたいものだ。

病気にならない体作り

健康を維持するには、普段から病気にならない体作りをしていくことが重要です。
そのために必要なことは、なるべく毒を体に入れない生活と毒を出すことを意識することです。

 

現代社会は大気汚染に加えて食品添加物などが蔓延しているので気を抜くとすぐに体に毒を入れてしまうことになります。
それらが蓄積して体が毒を出す作用を発するために、熱がでたりアレルギーになったりということが起きます。バイアグラジェネリック

 

毒を入れないようにすることでこれを防ぎます。
熱がでたりアレルギーがでたからといって薬で抑えると毒が体から出て行かないことになり、これが蓄積し、ガンの元となってしまいます。

 

毒を入れない生活をするだけでは毒が出て行かないのでデトックスを心がけることも重要です。バイアグラジェネリック
デトックスの方法は、具体的には有機野菜を摂取するということや、味噌や醤油などの酵素を体に取り入れることです。

 

微生物の働きで体から毒を出してくれることに作用します。

 

これだけでも毒出しが足りないということであれば、温泉などを利用するのも手です。
温泉になかなか行かれない場合は、バスソルトなどをお風呂に入れて半身浴が手軽です。バイアグラ体験談

 

少なくとも週に2回はぬるま湯に浸かり25分以上で汗を出してください。
この時、白湯を飲みながら入浴をし、水不足にならないようにしてください。
水が足りなくなるとドロドロ血で、血の巡りが悪くなったり、脳梗塞や心筋梗塞など恐いことになりますので、気をつけてください。

 

万が一病気になってしまったり調子が悪いと思ったら、玄米食にしたり抗酸化作用のあるサプリメントを取り入れることもいいのですが、その場合は医療を利用しましょう。

 

いざというときのために、かかりつけ医を見つけておくことが必要です。
また、毎年1回の血液検査だけの健康診断を受けておくことであなたの体質などが分かるようにしておくことも必要です。

 

かかりつけ医がいる場合は大きな病院をそこから紹介してもらえますし、かかりつけ医がいない場合は、ちょっとした不調の時に大きな病院を受診し、カードを作っておくとよいでしょう。

おすすめサイトご紹介